スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ダブル】猫!鹿!栗鼠!蟷螂!【大阪ポケセンチャンピオン決定戦】

パチリス(トップ)

今日は全国のポケモンセンターで行われた「ポケモンセンターバトル チャンピオン決定戦」に参加してきました。結果としては予選を22連勝無敗で予選を一位で抜けることが出来ました。
本戦の店舗対抗戦では一回戦で2好きさんに負けてしまい、1回戦落ちという結果でした。

この大会に向けての構築の用意をほとんどしていませんでしたし、使いたい配布ポケモンも手に入れるのが難しく、ある程度勝てない相手には勝てないと割り切って構築が組まれていますので解説も簡易的なものにしておきます。

まずポケセンカップのルールから
・カロス図鑑に載っているポケモン
・配布されているメガポケモンを必ず一匹入れなければいけない
・ミュウツー、ゼルネアス、イベルタル、ジガルデの4匹のうち一匹を構築に入れることが可能
・映画配布ダークライを構築に入れることが可能 
という変則的なものでした。

私は構築を考えようとしたときイベルタルとミュウツーしか伝説枠で使えるポケモンを持っていませんでした。ですが、伝説枠ではジオコントロールを持ちタイプ的に優秀なゼルネアスが一つ頭飛び抜けていたので勝とうと思うならばそれを中心とした構築を使わなければならないと思っていました。(ふりーだむさんからゼルネアスをお借りすることが出来ました。ありがとうございました)

レパルダス

レパルダス 持ち物 きあいのたすき
特性:いたづらごころ
性格:おくびょう
努力値:156 HP / 100 Def / 252 Spe
実数値:159-×-83-×-70-173
- ねこだまし
- うそなき
- アンコール
- ちょうはつ

ゼルネアスのジオコントロールをサポートする上で最も相性が良さそうなポケモンを探したところ、挑発が優先度+1から撃つことができ、ねこだましを使うことができるレパルダスを選択することにしました。うそなきで火力をサポートができる点やアンコールで相手のねこだましやジオコントロールをしづらくする点ではとても活躍してくれました。
うそなき+C2段階上昇ムンフォでH252メガクチートを確定で落とせます。

ゼルネアス

ゼルネアス 持ち物 パワフルハーブ
性格:おくびょう 
努力値:44 HP / 32 Def / 180 SpA / 252 Spe
個体値:31-×-28-31-31-31
実数値:207-×-118-174--118-166
- ムーンフォース
- マジカルシャイン
- ジオコントロール
- まもる

このポケモンに関してはあまり多く言うことはないですが、ジオコントロールを積む型であるならば同族のことも考えて最速である必要があると思います。個人的にフェアリーを中心とした構築でフェアリーのポケモンを守りつつ相手を倒すという立ち回りはカロスダブルでずっとやってきたことであったので扱いやすかったですね。

パチリス

パチリス 持ち物 オボンのみ
特性:ちくでん
性格:しんちょう
努力値:244 HP / 108 Def / 156 SpD
実数値:166-65-104-×-143-115
- ほっぺすりすり
- てだすけ
- このゆびとまれ
- まもる

この枠にはゼルネアスを倒すことの出来るポケモンに対して、強いポケモンを採用することに決めていました。まずファイアローのブレイブバードを止める為にファストガードを持ったポケモンを採用することを考えましたがその多くが格闘タイプのポケモンでゼルネアスが多い環境、そしてPTがフェアリーの一貫性があるのは良くないということで廃案になりました。

その次にいかりのこな、このゆびとまれで攻撃を引き寄せることを考え、代表決定戦で使ったバコウの実モロバレルを使うことを考えていましたが、鉢巻だった場合、交代といかりのこなをするタイミングの2発で落ちてしまう可能性があったので採用に至りませんでした。では何を採用するのかと考えたところ、パチリスというポケモンを見つけることが出来ました。パチリスはこのゆびとまれで多くの鋼技や飛行技を引き寄せ、耐えることができ、てだすけを覚えるため通常ゼルネアスでは倒しきれないメガクチートやギルガルドを倒せるようにサポートすることが可能でした。

本戦ではあまり活躍することは出来ませんでしたが、予選では全勝の原動力でした。

ハッサム

ハッサム 持ち物 ハッサムナイト
特性:テクニシャン
性格:やんちゃ
努力値:224 HP / 252 Atk / 32 Spe
個体値:10-A25-30-×-D8-12
実数値:163-196-120-×-80-80
- バレットパンチ
- つるぎのまい
- フェイント
- まもる

正直、この配布メガポケモン枠は考えないものとして3匹のみで勝てるような構築にすると考えていました。しかし、このハッサムはゼルネアスがマジカルシャインで削った多くのポケモンのとどめを刺す役割を果たすことができ、まもるによって体制を整えようとする相手をフェイントをすることで楽に勝つことを可能にしました。環境として多かった相手のゼルネアスにも強く、ファイアローより早くフェイントで攻撃することができたのでこの枠に関しては予想以上の活躍を見ることが出来ました。ハッサムだったことで勝った対戦が2度ほどあったのでこの枠に関してはこれでも問題なかったです。


解説する上でPTの良い部分しか書いていませんが、悪い部分を書くととキリがないレベルです。
それなりに数が多く、最もきつかった相手がファイアロー+ダークライで選出の段階でこの2匹がいるとダークホールを避けることを祈るしかありませんでした。予選で当たった多くのファイアローが何故かファストガードを持っていなかった(撃たれなかった)ため、レパルダスのちょうはつを撃つことで勝つことが出来ていました。

PTの欠陥を多く抱えつつもこの成績を残せたことはとても嬉しいですし、あまり慣れていない環境や場所で多くの対戦をすることで多少の忍耐力はついたんじゃないかと思いますね。
今回の大会で多くの人と絡むことができて楽しかったです。参加された方々お疲れ様でした。

テーマ : ポケットモンスターX・Y
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

地紋

Author:地紋
Twitter:@RvG_Togekiss
ReVamped Gamingに所属しているハースストーンプレイヤーです。
ポケモンのWCS世界大会に出場したこともあります。


ご支援よろしくお願いします。
ほしいものリスト

最近の記事
カテゴリ
リンク
来場者
Twitter
スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。