スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワシントン行った時のメモ

ワシントンDCに行った経緯

私は今シーズン友人のArashとともにチームやメタゲームの考察を一緒にしていました。そのような話をする中で彼にヨーロッパの予選に参加することを勧められました。しかし、大学を3週間近く休むことや旅費が貯まっていないこと、英語にかなり不安があることを考えるとそれは不可能だったので、確実に海外プレイヤーに会うことができ、多くの日本人プレイヤーも行くラスチャレに行くことに決めました。自分は海外旅行が2度目で前回行ったのは日本語がある程度通じる国だったのでアメリカに行く不安要素は多かったですが、なんとかなるだろうという若干の甘い考えを持っていました。


初日

ワシントンを行く計画をしていた前からるーにーさんに色々教えてもらって他の日本代表者と同じ便で行くことに。(実際、私は当日になるまで代表者と同じ便であることを知らなかったのでポケモン勢率が高いことにびっくりしてた)コミュ障すぎて話しかけられなかったのはつらかった

IMG_1443.jpg

飛行機は中央列後ろから3番目くらいで隣がゲームのシニアかジュニアの代表の子だったみたいでポケモン起動して厳選し始めて意識の高さを感じていましたw エコノミークラスががほぼポケモン勢の貸切かと思うレベルでポケモン勢ばっかりでしたね。フライト時間が12時間弱?だったのですが、そこまでキツくなくて、ポケモンしたり音楽聴いたりしてたらわりとすぐ着いた感じでした。

IMG_1449.jpg

空港内を車で移動して税関まで行ったのですが、私の前に日本人がかなり多かったためなのかジェスチャーで指紋の読み取りを指示してくれて「What’s the purpose of your visit?」「How long are you planning to stay?」と聞かれたのは二つくらいだったかな… とりあえず個人的に一番心配していた税関は問題なく抜けることが出来ました。



ごめんなさい、こっからはメモ感覚で忘れないために書いてきます


税関抜けた後、代表者や他の参加者にまぎれて会場近くまでいければいいと思ってたら
まさかの代表者はバスでの移動で空港にぼっち状態になって死にかける
中学生並みの英会話力で空港のおばちゃんにバス乗り場を聞いて5Aバスに乗って
ダレス空港→ロスリン→DC州内に行ける事を知ったのでバス停に行く。

バス停についたは良いものの日本みたいに時刻表とかがなかったので
いつになったらバスが来るか分からない+このバス停があってるのか分からないで
バス停を右往左往してバスを待ってました。

バス停で待っていたら、アメリカ人観光客?の男の人と若干仲良くなるものの
彼が乗るバスが先に来てしまいまたしてもぼっち。

事件が起こったのがその分かれた少し後で
「バスに乗る金を貸してくれ」と身長2mを超える物乞いに出会うキツイ。
必死に中学生並みの英語力で「No money」を伝える。

相手もすぐに諦めずに言ってくるから多分ガチで金がなかったのかもしれないけど
こっちも英語できないマン一人で海外の空港にいるんだからマトモに対応できるわけない
確実に頼む相手間違えてるのにめっちゃ粘ってくるけど少ししたら諦めて他の人のほうに行きました。

その後も30分程度待ってもバスが来ないのでバスの運転手に5Aバスはここに来るかきいていたら
日本人の観光客?(多分慣れてる感じだったから現地にすんでる人かな)が近くにいて教えてもらうことができ
5Aバスに乗り、ロスリンまで行くことが出来る。ちなみにここまでで2,3度死を覚悟してた

さてロスリンについたは良かったものの乗換えがさっぱり分からない。
近くにいたやさしそうな中国人のおばあちゃんに聞くものの分からない。
結局そのおばちゃんの勧めで地下鉄の職員に行き方を教えてもらうことにした。

地下鉄の人にバスの乗り方を教えてもらったものの全くバスが来る気配がなく、
地下鉄のおっちゃんに会場近くまで地下鉄でも行けると教えてもらったので
半ばヤケクソで地下鉄で行くことにした。

しかし、地下鉄のおっちゃんが半端なく優しくて
切符の買い方(地下鉄の切符は曜日や距離などによって値段が変わるみたい)、
どの色の路線に乗ればいいかなど親切に教えてくれてかなり助かった。
ちなみに切符はかなり反応が悪くて切符を改札通しても通れないとか普通にあった。
別れ際にも「Have a good trip!」とか言ってくれて泣きそうになってた。
心に余裕なさ過ぎてお礼にチップさえ渡せなかったのが心残りだったかな。

そのおっちゃんの言う通りに路線の乗換えなどをして会場付近の駅に向かう。
地下鉄構内が日本のものと違って広々として映画の舞台か何かなのかと思うほど
お洒落だなーとか思ってた。あれが普通の人からすればなんとも感じないんだろうけどね。

地下鉄は日本とは違いつり革がなく、ドア付近に縦に棒が刺さってる?感じで
基本的に人が少ないので座れて楽だったかな。
隣の席の2人組みの女の子に「ポキモン!」って言われてキャリーバックに張ってあった
ポケモンシール見せびらかしてたりしてたら目的の駅に着きました。

地下鉄に乗る際、事前にArashに駅に行くと伝えてあったのでArashを探す。
ツイッターで現在地の写真撮ってArashに送ろうとしたら
写真を撮ってる隅にArashがいて無事に合流することが出来た。
いきなりハグされて普通ならビックリしてたんだけど
ようやく知り合いに会えた安心感と親友に会えたうれしさで放心状態になってた。のんけだよ。

そっからは自分が予約していたホテルにとりあえず荷物を置いてからとりあえずArashの部屋に
行くことになるんだけど、これ以降は別の機会に書きます。
小学生並みの文章になってるのは許してください。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

地紋

Author:地紋
Twitter:@RvG_Togekiss
ReVamped Gamingに所属しているハースストーンプレイヤーです。
ポケモンのWCS世界大会に出場したこともあります。


ご支援よろしくお願いします。
ほしいものリスト

最近の記事
カテゴリ
リンク
来場者
Twitter
スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。