スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ホウエンダブル】ニコニコマッチ キャラランク

ニコニコマッチのキャラランク表です。
これは環境にそのポケモンが多くいるという予想ではなく完全に個人の評価の高さを表した表です。
私自身このルールは真面目に考えましたが上位を目指そうとは考えていないので素直にランクをつけました。
SSS
272 (1)303-m_20140926181555a78.png384.png



○ルンパッパ

このルールにおいて伝説の3匹に対して非常に強い。それでいて一撃で倒せるポケモンが非常に少なく、またそれらは基本的に物理なので威嚇が入ると倒せない。しかも、雨の恩恵も受けやすいためこのポケモンが重たい構築は勝ち続けることは難しい。

○メガクチート

環境に炎タイプが3匹しかおらず、同様に地面タイプも6匹程度で、そのなかでもまともに採用できそうなのがバシャーモ、フライゴン、ラグラージ、ネンドールであり、全てカイオーガに弱いポケモンのみである。また、雨の恩恵を受けるためカイオーガと同時に採用されやすい。このルールでは貴重な威嚇持ちであり、物理ポケモンであるためメガポケモンの中でも評価は最も高い。

○レックウザ

多くの人がこれを見たときに「何故?」と感じているかもしれない。
レックウザは他の2匹の伝説に比べて耐久力に劣るが「エアロック」という強力な特性を持っている。特性のおかげでレックウザの横のポケモンが非常に動きやすくなり、構築の幅がかなり広がると考えている。また、グラードンカイオーガと違ってルンパッパに対してタイプ一致の攻撃を上から出すことが出来るところも魅力だろう。当然ながら雨下でメガクチートを倒すことも可能。


S
382.png381.png376.png373_201409261823533ed.png302_20140926181552043.png282-m.png286 (1)257-m.png257.png



○ラティオス

このルールでは素の速さはかなり上の部類になるポケモン。攻撃、サポートと非常に優秀でその型が見分けづらいところも良い点であると思う。電磁波、いやしの波動、神秘の守り、などのサポートをするならラティオス、メガクチートなどの物理ポケモンに強くしたければ威嚇を持つボーマンダとの選択になってきそうだ。ちなみに両者ともに追い風を使用することが出来る。

○ヤミラミ

クソゲマシーン。
特性きもったまを持ったポケモンがいないため、ゴーストタイプはねこだましをされることはなく動きやすい。鬼火、挑発、怪しい光と強力な補助技も持っている。「日本晴れでカイオーガ対策!」と言ってる人が結構いる気がするが基本的にカイオーガを主体とする構築には雨乞いを持っているポケモンがいる可能性があるため対策にはなっていないので、カイオーガに怪しい光を撃ちましょう。トリックルーム構築に対してもそれらの妨害は優秀であるため、それらを見るために採用されるだろう。

○キノガッサ

このルールにおいては草タイプがルンパッパ以外採用されづらく、メガクチートを上から安全に眠らせることが出来るということでこの位置のランクになった。物理ポケモンでもあり、カイオーガに対しても抜群で攻撃できるため優秀である。またトリル耐性を高める上でも役立つだろう。特に追い風下での制圧力が高いため構築に一匹はラム持ちが欲しい。


A
383.png380.png378.png362.png356.png350.png346.png330.png319.png291.png292.png


○レジアイス・オニゴーリ

このルールは基本的に氷の一貫性がある。レジアイスに関しては優秀なとくぼうを持っているため電磁波などのサポートを横のサポート無しに行えるのが強い。オニゴーリに関しては「むらっけ」という強力な特性をもっているため、専用の構築とそれ相応の忍耐力を必要とするが相手として出てきたときには慎重に立ち回る必要があるだろう。

○サマヨール

カイオーガの前でトリックルームを安全に張ることができる唯一のポケモン。しかし、持ち物がしんかのきせきで固定されてしまうこととトリックルーム下での展開の遅さが気になるところ。(後者に関してはてだすけ持ちであれば解消される)持ち物がしんかのきせきで固定されてしまうため挑発がとんできやすいので、あえて耐久を捨ててメンタルハーブを持たせるのもいいだろう。

○ミロカロス

唯一の「かちき」という特性を持っているポケモン。メガクチートやボーマンダに対して強く出ることが出来るが残念なことにルンパッパやカイオーガに打点を持ってない上に相手からは抜群を突かれてしまう。しかし、補助技も優秀であるので構築は選ぶが強力なポケモンの一匹だろう。

○フライゴン

今まで他のドラゴンと比べられて馬鹿にされ続けてきたポケモンだが、このルールにおいては強い部類に入る。鋼タイプにたいして抜群でダメージを与えることの出来るだいちのちから、味方を補助する上で非常に有効なフェイント、追い風などを覚えることができる。またグラードンの主要な技(地面・岩・炎)を全て半減以下にすることができる。ただし、弱点を突かなければ火力がほとんどないに等しく、ヤチェの実やきあいのたすきを持たなければまともに動くことができないのがマイナス的要素か。ちなみにメガサーナイトと相性がよく、だいちのちから+ハイパーボイスでメガクチートをきれいに倒すことが出来る。

○サメハダー

優秀な特性「かそく」をもつポケモンであり、いかりのまえばやみちづれなど強力な補助技を兼ね備えている。元々の火力も高く、物理特殊どちらでも活躍できるだろう。問題点はきあいのたすきをこのポケモンに持たせなければならないことと相手に依存する立ち回りをする必要があるところだろう。


勢いで書いたので抜けとか誤字脱字あると思います。
また何か解説書いて欲しいポケモンとかいたらツイッターまでお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

地紋

Author:地紋
Twitter:@RvG_Togekiss
ReVamped Gamingに所属しているハースストーンプレイヤーです。
ポケモンのWCS世界大会に出場したこともあります。


ご支援よろしくお願いします。
ほしいものリスト

最近の記事
カテゴリ
リンク
来場者
Twitter
スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。