スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ダブル】1327人規模の大会Nugget Bridge Major Best 8でした。

8dd87c8972ac84d6e70ff3719dee73de.png

e70ec88a08d69e1fa7a015038cce8886.png

1a206216e49105ecfecfd0ef77613e64.png

47a3add20f64c7af8fd4386ddffaec30.png

Nugget Bridge主催の大会に参加しました。ルールは全国ダブルでBO3(Best of 3: 2本先取制)です。

結果としては 予選ラウンド7勝2敗(14-4) 決勝トーナメント 4勝1敗(8-4) 1327人中ベスト8でした。
また、上位者のPrizesとして$25 + 70 NPを獲得しました。
(NP:Nugget Bridge Pointといって賞金制大会のInvitationalに招待されるために必要となるポイントです。興味のある方はジュニオさんのブログを見ていただければ分かりやすいと思います。)



今年はBO3の対戦に力をいれてきました。何故公式ルールじゃないものに力を入れていたかというのは単純にそのルールが好きであるという点と去年のLCQで惨敗してしまったのが悔しかったので積極的に海外のプレイヤーと交流して知識やプレイングなどを学んでいました。その努力が今回ちゃんと結果に出てくれたのは良かったです。

逆に今年は日本代表決定戦の予選であるジャパンカップでは思わしくない成績になってしました。一昨年、昨年とジャパンカップと代表決定戦において同じ構築を使って代表決定戦で負けてしまうということがあったので今回は代表決定戦で使う構築は温存してジャパンカップを抜けようと考えていましたが少し考えが甘かったようです。決して驕っていたわけではありませんが運要素を払拭できない構築をメインサブ両方ともで使っていたせいで抜けられなかったので仕方ないですね。ジャパンカップで使ったケンタロス入りの構築は後日このブログでも書く予定です。また別の記事でNBMで使った構築などをまとめる予定です。



Nugget Bridgeの多くの大会では世界大会出場者と戦えたり、賞金制の大会があったり、ポケモンを考える上で必要となる知識なども手に入れることが出来ます。ポケモンを真剣にやるプレイヤーにはこれ以上にないほど良いコミュニティです。もし、少しでも興味をもったならサイトに目を通すだけでもお勧めします。最初は言語の壁を感じてしまうかもしれませんがある程度のポケモン用語を覚えればGoogle翻訳である程度カバーできると個人的に思います。(私自身もGoogle翻訳歴3年目です。英語喋れるようになりたいですね…)


本当は最近話題になっているように新規プレイヤーをダブルに呼び込んだり、全体的なプレイヤースキルの向上のため、このような大会にもっと色んな人が興味を持ってもらえるような記事を書くべきなのかもしれませんが、私自身はプレイヤーでしかないのでどちらかといえば勝っているところをアピールして興味を持ってもらう方がいいのではないかという意見を持っています。今回の記事を見てNugget Bridgeというサイトや海外のポケモンについて少しでも興味を持ってくれる人が増えることを私は願っています。

テーマ : ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

地紋

Author:地紋
Twitter:@RvG_Togekiss
ReVamped Gamingに所属しているハースストーンプレイヤーです。
ポケモンのWCS世界大会に出場したこともあります。


ご支援よろしくお願いします。
ほしいものリスト

最近の記事
カテゴリ
リンク
来場者
Twitter
スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。